おまとめローンを行う場合、一本化できる額は最大でどの程度かという事は非常に重要な要素といえます。
例えば、A社に300万、B社に200万、C社に100万円のローンが残っている際、最大で400万円までの融資が可能な業者と、500万円までの融資が可能な業者、そして600万円まで可能な業者とでは、一本化の意味合いが大きく変わってきます。
すべての借金をひとつにまとめるから一本化、という決まりはありませんが、やはりできれば一つの会社のみに支払うという状態にしたいものですよね。
できれば、一本化できる額が大きいに越したことはありません。

ではその限度額というのは、法律か何かで決まっているのでしょうか。
実は決まっていないようで、限度額は業者によって異なります。
その為、この限度額も、業者選びの上で重要な要素のひとつとなるのです。
自分がローンを組んでいる合計額よりも大きい額を取り扱うことが可能な業者を探す必要があります。

この限度額は、対象者によっても違ってきます。
本人の収入や、同居家族の総収入によって、限度額が上下するのです。
中には、本人のみの収入を対象とするところもありますし、様々な条件を加味するところもあります。
このあたりは、業者によって異なります。

おまとめローンの場合、一本化が前提なので、基本的には限度額がローン総額を上回っていなければ成立しません。
その為、おまとめローンを取り扱っている業者は、会社としての上限を設けず。その消費者のローン総額を最大融資額に設定しているところも数多くあるようです。

【審査基準の甘いおまとめローン】

総量規制対象外!激甘審査でおまとめ可能のアイフルおまとめローン


最高700万円借りれる!総量規制後も借りやすいオリックスVIPローンカード

東京スター銀行借り換えローン

10秒で審査完結!300万円借りれるモビット

最短1秒で審査結果回答!300万円借りれるプロミス

他で借りれなかった人の最後の砦!中央リテールの激甘おまとめローン