取得しやすい銀行系のクレジットカード

JCBカードは審査が通りやすい

カードを店で利用する場合に、みなさん体験がおありかと思うのだがスタッフが未熟なためいったいどの明細を客に渡して良いのか迷うときがあるかと思います。

というのは、カードを利用すると機械から複数の明細というものが印字されるからでして、どちらを客に対して渡して良いのか迷うということがあります。

3枚の利用レシートの解説●これまで述べた3枚の利用レシートの内容とはどういうものなのかについては、以下の記載のようになります。

1カード利用者に保管してもらう紙。

2店舗控え用の明細。

3クレジットカード会社控え用利用レシート(署名を書くレシート)。

本来は当然カード利用者に渡す利用明細の方を受け取るのが正しいのですが、ごくたまに、店舗控え用の利用レシートをカード利用者側へ渡すというという場合の他、サインをした方のレシート自体を渡してしまうという事例などもあるのです。

パート店員であるとか、さほどクレジットが利用されるケースの少ない店の会計にて使用する際そういった店舗スタッフの焦りを垣間見れるでしょう。

万が一誤った明細レシートというものを渡そうとした場面では、怒らずに「間違ってますよ」などと言ってみてはいかがでしょうか。

法人や個人事業主でも取得しやすいJCB法人カード

一番審査の甘いクレジットカードはこちらです