現在、低所得で多重債務・・・だけど、それでも借りれるおまとめローンはあるのか?

おまとめローンは既に増えてしまった消費者金融やカードローンなどの借入を一本化してスッキリさせる借り換えローンである。

審査の激甘なお得な低金利の銀行おまとめローンといったらこちら

その借り換えローンを利用するには、ある程度の所得も必要です。

勿論、無職は論外として・・・・低所得の人でも借りれるおまとめローンはあるのか?

低所得でも借りれるおまとめローンもあります。

ただ、低所得の場合はやはりそれなりの融資枠を設定されるでしょう。

おまとめローンに限らず消費者金融でも他のローンでも所得の大小と所得の安定性で融資枠が決まります。

所得が多ければ多いほど、それだけ借りれる限度額も多くなるし、所得が少なければ少ないほどそれだけ借りれる限度額も小さくなります。

所得の少ない人の場合は、おまとめローンの限度額もそれほど多くならないので、場合によっては借金一本化は無理かもしれません。

「借金2本化」か「借金3本化」になってしまう場合もあるでしょう。

では具体的に低所得の方が実際におまとめローンを借りる場合は、年収の何割くらい借りれるでしょうか?

おまとめローンは総量規制の例外

通常、消費者金融などの無担保ローンを利用する場合「総量規制」という法律に従って融資が受けられます。

総量規制とは「年収の3分の1を超える融資を業者はお客にしてはいけない」という法律です

だから一般の消費者金融は年収の3分の1までしか借りれないことになります

しかし、おまとめローンは「総量規制の例外」のローンという位置づけになります。

「借り手に有利な融資の場合は総量規制は適用されない」・・・・という法律があります。

おまとめローンの場合は正に「借り手に有利な融資」です。

なので総量規制の例外であり年収の3分の1を超える融資も可能ということになります。

具体的にはどれくらい借りれるのかといいますと、それぞれのお客に属性によって異なります。

またおまとめローン会社によっても審査基準がことなるでしょうから、一概に「いくらまで借りれる」とは言い切れません。

だいたいの目安は「多くて年収の半分位」ではないでしょうか?

年収が200万円の低所得の人が、おまとめローンを借りた場合、半分の100万円位がリミットではないかと思います。

確かな基準ではないですが、実際に過去におまとめローンを利用した私の実感として、それくらいになります。

独自審査!銀行系の審査の甘いおまとめローンといったらこちらです